« ○姿勢-体と呼吸と声を一つにする NO.254 | トップページ | ○腹式呼吸と横隔膜のしくみ NO.255 »

「『ヴォイトレ』の限界とステージ」 NO.255

発声とステージ(歌・せりふ)は、練習と本番の関係です。

私が最近、口をすっぱくしていうのは、発声が練習でなくて、リハーサルのようになっていないかということです。発声トレーニングというのは、練習であるはずなのですが、ほとんど今の『ヴォイトレ』といわれるものが、調整(状態のチェック、バランスを整えること)になっています。それは、本来、ステップが違うこと、次元の違うことなのです。

 

本番というステージは、即興です。何が起きるかわかりません。だから、それに備えて、日頃、トレーニングをしておき、調整だけで足りるようにしておくのです。

そもそも、本当によいステージは、トレーニングの延長上や調整だけでは成り立ちません。何かが起きます。その不安を解決するために、「こうしたら、こうなるはずだ」というトレーニングをしますが、そこでは、「こうなるはず」で終わってはなりません。思いがけない何かを待ち望むことです。

 

いつも、思い通りにならないことを恐れたら、ステージに立てなくなります。思い通りにならない分、そこで変じ、創る、のです。だから、トレーニングが本番で役立つなど思わなくてもよいのです。

調整しかしていない『ヴォイトレ』では、思い通りにいって100点、あとは減点法です。私の思う『ヴォイストレーニング』の結果は、点数がつきません。終わってみないと結果がわからなくてよいのです。(結果もわからなくてもいいのです)

本当にトレーニングしておくことで、自由に創造的になるということです。そういうステージを期待しています。何かを起こすのを楽しみにすることです。  

 

« ○姿勢-体と呼吸と声を一つにする NO.254 | トップページ | ○腹式呼吸と横隔膜のしくみ NO.255 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事