« 「身体のレスポンスと声の判断~声の過去から未来へ」 | トップページ | Vol.52 »

「教わったことを捨てる」 No.311

 

教えられたことでは、教えた人を超えることはできません。教えられたことを元に、常に自分でその先を考えていくようにしましょう。

 

教わって身についたと思うのなら、一度、忘れることです。身についたことは忘れてこそ、使えるものなのです。

 

教える人を目指して、ずっとまねするようになって、その人やその芸に似させることが目的になると、その人の足元にも及ばないで終わってしまうのです。気をつけましょう。

 

 

« 「身体のレスポンスと声の判断~声の過去から未来へ」 | トップページ | Vol.52 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事