« 「英語の公用語化とヴォイトレ」  | トップページ | Vol.54 »

「声へのアプローチと世界観」 No.313

 

 「すごい」から入り、それに導かれて、自らの表現へ至るのが、もっとも理想的と思います。

 

身体に基づく声を体験、発見することです。そして、新たな世界観を試みることです。

 

そのために、できるだけストレートに、一流のものにアクセスすることです。

 

トレーナーは、それを助け、その邪魔をしないことです。もちろん、ご自分自身が邪魔しないこと、これがもっとも気をつけなくてはいけないことでしょう。

 

 

« 「英語の公用語化とヴォイトレ」  | トップページ | Vol.54 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事