« 第4号「まねすることとトレーナー」 | トップページ | Vol.62 »

「人生の意味」

質問で、結局のところ、人生の意味とやらいうようなことに関わることを聞かれると、いろいろに答えてきました。わかっているようなつもりで、あまり自分のことでは考えてこなかったように思うのです。

仕事も人の出会いもそれなりに、創ってきたつもりですが、それも与えられたのかと思います。仕事も感情も自分以外の相手に向けられているものであり、自ら、意味を問うまえに、そういうものから問われてきたように思えるのです。

年齢を重ねると、知人の死に出くわすことが多くなります。仕事や親しい人をなくした人にも会うようになります。ときに仕事も関わる人もないところでは、何が自分に問いかけてくるのかと、考えるようになってきました。

これからくる未来へイマジネーションを働かせ、そこに使命や責任を感じ、モティベートの力にすること、そこで、人生の意味が生じてくるのかなと感じています。

« 第4号「まねすることとトレーナー」 | トップページ | Vol.62 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事