« 第21号 「しぜんな声と喉の鍛錬」 | トップページ | 第22号 「声を矯正するには」 »

「金足農の全力の校歌斉唱」 No.325

 

猛暑の中、もっと頑張っている人たちを見ていると、

 

元気になるものです。

 

決して100メートルも歩かないで、

 

熱中症でへばった犬を思い出してはなりません。

 

ということで、夏は甲子園。

 

 

 

強豪校相手に勝ち抜き、試合後の校歌を、

 

一昨年秋から体を大きく反って

 

全力で歌い上げるようになった、

 

 

 

最後の最後には、歌われなかった

 

金足農の校歌を紹介しましょう。

 

 

 

1928年の開校。校歌の作詞は近藤忠義氏、

 

作曲は「春が来た」「朧(おぼろ)月夜」などの

 

岡野貞一氏。

 

1番だけで約1分半ほどあります。

 

金足農野球部は、あいさつや試合中の声かけなど

 

すべてに「全力の声」を出します。

 

なんと「声は技術」をモットーに掲げています。「声を出せば気持ちが高まり、集中できる」ということでしょうう。

 

 

 

可美(うま)しき郷 我が金足 

 

霜しろく 土こそ凍れ 

 

見よ草の芽に 日のめぐみ 

 

農はこれ たぐひなき愛

 

日輪の たぐひなき愛

 

おおげにや この愛

 

いざやいざ 共に承けて

 

やがて来む 文化の黎明

 

この道に われら拓かむ

 

われら われら われら拓かむ

 

 

« 第21号 「しぜんな声と喉の鍛錬」 | トップページ | 第22号 「声を矯正するには」 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事