« 第30号 「トレーナーの条件とは」 | トップページ | 第31号 「トレーナー探し」 »

「高いところに昇る」 No.327

 

日常を離れて、長期的なヴィジョンをみつめたいときは、高いところにあがってみます。

 

高層マンションやホテルも試してきましたが、とかくそれが面倒になるとよくないので、10階くらいでも充分です。

 

こうして少し天に近づくだけで人や車が蟻のようにみえます。宇宙に出て地球をながめた人の人生観が変わるのは、あたりまえのことに思えます。古今東西、偉い人や金持ちが高い所に住みたがったのもわかる気がします。バベルの塔以来、いやそれ以前から人間は、高層建築にあこがれていました。高い山へチャレンジする人も尽きません。

 

旅先では、そこのもっとも高いところ、丘でもタワーでも昇ります。すると、ぱっとその街全体がつかめます。鳥瞰というのでしょう。同じことを誰かから遠い昔に聞いた気がします。

 

 

« 第30号 「トレーナーの条件とは」 | トップページ | 第31号 「トレーナー探し」 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事