« 第34号 「トレーナーの出身の違い」 | トップページ | 第35号 「声楽家のトレーナー」 »

「平成最後の年末に」 No.328

 

毎年、年月がたつのが早くなるように思います。

 

 

 

1つは、自分の充実度、満足度を評価するということ、人生を年ごとにみて、30歳なら30年、まあ、10代からでよいのですが、浮き沈みを線グラフにしてみましょう。よくTVなどで芸能人のをやっていますね。どういう波があるのか、なぜそうなったのか、過去を把握し、分析し、反省するのです。

 

 

 

次に、レーダーチャートで6角形、例えば、65点満点で、1.健康、2.経済、3.家族、4.人間関係、5.趣味、娯楽、6.仕事、活動を評価してみます。

 

これは、現状の把握です。

 

 

 

考えこむとできなくなるので5分ほどでつくるとよいでしょう。(もちろん、ヴォイトレで考えてみるのもよいでしょう)

 

 

 

毎年、年末に行うと、必ず意味と価値が生じてくるはずです。

 

 

 

未来は、イメージ、頭ですが、過去は、肉体、心です。

 

声も肉声と心なしには、伝わらないでしょう。将来もまた肉体と心が伴わないと開けてこないのです。ヴォイトレは、過去あっての現在から、スタートします。

 

 

 

年始は初心になり、そこに還って出発してみましょう。

 

 

« 第34号 「トレーナーの出身の違い」 | トップページ | 第35号 「声楽家のトレーナー」 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事