« 第43号 「トレーナーへの誤解」 | トップページ | 第44号 「トレーナーに必要なこと」 »

「少しの違い」 No.330

バッターで打率2割というと下位打線か2軍、3割というと強打者(4割ともなれば歴史に残る大打者)となります。その差は、10球であれば2球と3球で、1球の違いです。78球打てないことには変わらないわけです。しかし、1,000球となれば、100球違ってきます。1万球で1,000球。となると、1割というのは、どれほど大きな違いでしょうか。100m走なら1­10m近くです。そこがわかるかどうかでしょう。

「自分の方が相手よりも遥かにできると思えば自分と同じくらい、自分と同じくらいと思えば遥かに自分が下」というほど、人は自分に甘いのです。人と比べているところで勝負になっていないから、嫉妬と妬み、そねみになり、囚われるのです。

運とか才能とかいうのも同じです。少しやっているとかできていると思う人は、ずっと自分よりやっているしできているのです。少し認められていると思う人は、ずっと自分より努力しているし時間をかけてきているのです。

そこをしっかりと知るところからがスタートです。

« 第43号 「トレーナーへの誤解」 | トップページ | 第44号 「トレーナーに必要なこと」 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事