« No.330 | トップページ | 第48号 「やり方における差異」 »

「永遠と至高、そして、道」 No.331

今の瞬間と永遠については、これまでにも度々語ってきました。

未来に役立たせようとする今は、今すぐには役立たない今ですから、今においては、本当は無意味です。勉強も修行も練習も、将来の目的のための手段とするなら、先で活かすために、生きなくてはなりません。

それに対し、今は今のこのときを満喫すること、遊びなども含め、楽しい、夢中、三昧であることです。それは、一時としては目的を遂げているときかもしれませんし、目的から逃げているときかもしれません。そうして切り出された時間は、しばしば、いわゆる至高といわれるときです。 コツコツと貯めた金を使い切るときみたいなもので、消費、蕩尽、破壊のときでしょうか。

有限の人生で、本当に大切なこととは、何でしょうか。それをするとしたら、どのようにしていくのでしょうか。

確実なものなどは、ありません。でも、それを自ら決めて向かっていく、両立しがたい手段と目的を同じくしたのが、“道”であるなら、それを肯定していけるように生きたいものです。

« No.330 | トップページ | 第48号 「やり方における差異」 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事