« 第52号 「判断を保留する」 | トップページ | Vol.73 »

「頭と心と身体」 No.332

今は、メンタルのフィジカルに及ぼす影響で声をコントロールしたり、うまく取り出そうとしているのが多数となりつつあります。しかし、それは処理です。それではカラオケのチャンピオンも超せません。

頭で考え、頭で信じることで動くようになったのを、心と同一視してしまっているようにも思えます。あるいは、心、感情を入れたら全てが通じるという物語で、過剰な演技での表現に慣らされてしまっているのかもしれません。

アスリートのようにフィジカル本位で考えることが大切です。したいこと、好きは、頭で考えるのでしょうが、できることは、体で身につけたことです。そして、できること、身についたことしか本当は通じないし、役に立たないものです。

研究所は、世界への窓ですから、そこにあなたの心の窓を合わせて開けてもらえば、どこへでも行ける―というのが理想です。心の扉ともいえるのですが、メンタルをフィジカルで扱っていくのが、ヴォイトレの正攻法と思っています。

« 第52号 「判断を保留する」 | トップページ | Vol.73 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事