« No.335 | トップページ | 「歌と歌詞とことばとせりふと音声力」 No.336 »

第69号 「イタリア語とカンツォーネ、イタリア歌曲を使う」

○イタリア語使用の意味

 

 日本語はベースですがその他に、英語よりもイタリア語を発声に使いたいと思ったのには、いろんな理由があります。第一に日本語よりも発声に使いやすい、特に日本語でのトレーニングで行きづまった人には効果があります。第二に意味のわからない、これがとても好ましいのです。

 音声を楽器レベルで使おうとするのがブレスヴォイストレーニングです。歌詞やストーリーにあまりに重点をおくと、音色とフレーズのデッサンという音楽的奏法への関心が失われます。ただでさえ、日本人は詞、ことばの方に傾倒しやすいのです。そのうえ、欧米から音楽が輸入され、そのコピーを身上としてきた経緯もあります。つまり、歌では音色での表現があまりにも問われなかったのです。

 

○カンツォーネ歌唱の意味

 

 私がレッスンに取り入れたのは、大曲(声域や声量において、素人離れした歌唱力を要するもの)でした。コンコーネ50といった発声教本とともに、イタリア語歌曲集、さらにナポリ民謡、カンツォーネでした。その後、声の音色やリズムとしてシャンソン、ファド、ラテン曲の使用へとつながります。

 日常レベルを超えて、2オクターブを全身からの声で歌い上げるところに、プロとしての体やのどの条件をもってくるのが、トレーニングで鍛える声のあり方として、わかりやすかったからです。

 

○音大生の歌唱にみる感覚と体づくり

 

 日本の音楽大学は、日本の近代的歌唱の入り口でした。音大生は、体や感覚の条件を国際レベルに変える努力をして、発声をマスターしていきます。私にとっては、よき実験台として存在していたのです。

彼らにも日本語での歌唱は難しく、イタリア語の方が楽に、声が声域、声量ともとれるというのですから、そこに声づくりのベースをおくのも一理あるのです。

 日本人の一流のオペラ歌手は、日本語での歌唱を原語よりも苦手としています。ヨーロッパの現地では、よく声が響くのに、湿潤な日本では、のどの調子を壊しやすいのです。このあたりは、木製楽器の管理の難しさと似ています。

 

○イタリア歌曲の歌唱のメリット

 

 音声、楽器演奏面からアプローチするのなら、イタリア歌曲の歌唱は、次の面で導入として最適です。

1.日本人の感覚を切れる

2.日本人の体、呼吸、声、発音を切れる

3.西欧音楽の歌唱にストレートに入れる

4.クラシック、声楽の方法がそのまま使える

5.全世界で、教育の成果あげている

カンツォーネになると、

1.ポップスの感覚(メロディ、リズム、コード、進行展開)が入る

2.オペラに比べ短く、歌のエッセンスが入っている(構成、展開、詞)

3.親しみやすく、わかりやすく、覚えやすい

4.日本語詞が比較的すぐれている(内容、歌唱のしやすさ)

5.原語同士や日本語歌唱と比較ができる(同曲異唱)

 

« No.335 | トップページ | 「歌と歌詞とことばとせりふと音声力」 No.336 »

1.ヴォイストレーナーの選び方」カテゴリの記事

ブレスヴォイストレーニング研究所ホームページ

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

発声と音声表現のQ&A

ヴォイトレレッスンの日々

2.ヴォイトレの論点