« No.345 | トップページ | Vol.87 »

「声はノイズ、フック、ニュアンス」 

これまで、私は歌声は、美しい音楽を邪魔するものということも述べてきました。音楽の中で、その邪魔は、心へのフックです。心に残る、気にかかることとして、いろんな技法にも含まれているのです。

歌、そして声は邪魔するもの、そのものです。何段階にもわたって邪魔するのです。まずは音楽のなか、次に歌声のなか、さらに、ことば、子音のなかでノイズを発します。

しかし、考えてみると、心にひっかかるというのなら大切なものやことは、全てそうだともいえるでしょう。違和感、疑問を抱かせるというフックなのです。

そこを私は、歌ではニュアンスと言ってきました。何らかの意味をもつ、いや意味をもっていそうに感じるもののことです。

ノイズにも、ただのノイズもあれば大切なノイズもあります。民衆の声やネットの声もノイズといえます。無理に結びつける必要はありませんが、それゆえ、歌や声は重要なもの、人々にとってかけがえのないものと思うのです。

« No.345 | トップページ | Vol.87 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事