6.レクチャー・レッスンメモ

No.311

○腹式呼吸の身につけ方

 

大きさを優先します。

わかりにくければ、それを長さでみるとよいでしょう。

1234123412341234

141小節の計 4小節を書く小節ごとにブレスを入れて伸ばします。

最初は、1141秒ずつ伸ばし「4秒でブレス」を×4小節

22秒ずつ「8秒でブレス」×4小節

3、「12秒でブレス」×4小節

4、「16秒でブレス」×4小節

すると、多分、2から3で後半がもたなくなるでしょう。ちなみに、1が♪=60ということです。わざと大きくとか長くして、体を使わざるをえなくします。これは、野球のバッターやテニスなどでの素振りです。あるいは、コーチが子供に腰を動かして打たせることで、全身の動きを学ばせるのです。

 

○ことばの変化(フレーズの実習)

 

はるの

あうお―母音にする

はふほ―ハ行にする

らるろ―ラ行

なぬの―ナ行

まめも―マ行

それぞれの違いをおさえつつ、3つの音を1つの流れでもっていき、統一することです。

どれがよいのかの前に、どう違うのかとか、どう伝わっているのかを把握します。

正しい、間違いで決めつけるのでなく、どれもできる上で、もっともよいものは後で選べばよいのです。一つの正しいものに絞るよりも、まずは、多様な変化を感じ、それが、なぜ生じているのかを自らのなかの変化、違いと結び付けて把握するのです。

 

○レッスンメモ

 

発声とフレーズ

ポップス、ロックと声楽

楽器音の情感

ことばの感情

Key、テンポの設定

ui

nma a

n ga a

 

呼吸の大きさ

吸うことのリピート

1.声域 高低 調整 正誤 カバー

2.発声

3.声量 大小 強化 深さ 程度

4.声質

12.より34

5.深呼吸長く 5101525

 

01 ベストへ

12 ベターへ

イメージと伴う体

焦点とマスケラ 共鳴

支え

 

1.共鳴

2.発声

3.息 呼吸

4.体 支え

脱力感覚

響きが勝らないように

 

1.優先する(メリット)

2.優先しない スルーする(デメリット)

共鳴して喉にかからない(ビブラート)

大きくして喉にかかる(生声)

1コーラス分の息吐きトレ

縦、上下、距離をとる

揃える、集める、力抜く

集中する

地―裏声

3面鏡

ama a

a o i

iko u

n m Ha

1.共鳴 発声 呼吸

2.ことば メロディ リズム

3.気持ち 舞台

ゆっくりとテンポアップ

 

1.低―高

2.大―長

3.音色―共鳴

楽器―演奏

体力―反射

拡大 ばらつく 量

統一 一本化 質

基本1オクターブ

 

ゆとりとスピード

ペースとベース

決めつけ迷わない

バランス支えられない

バランス足らない

固い しなやかに

スタンス 立ち方

盛り上げ方 ピーク

解放 開いた感じ

演出 実感

器 創造と処理

加速 速度 ふかす

のせる

No.308

親切にする―可能性を信じる 敬意をもつ

慈/悲 成長を願う 理解し共感する

人に関わる、よい影響を与える

身内より他人の方が親切にしやすいし、親切にされやすい

導かれても導くことはできない 

場を共有する、自発的に気づき学ぶ、遊ぶ

教えてもうまくいかない、教え方がうまくなるのではない

遊びのもつリズム、間、戯れ、ふれあい

ただ一流の歌を聴く、一緒に聞く

フレーズを回してみる

他人のを聞いて自らの出す、気づく

歌一曲だけでなく、一フレーズで、くどいまでのくり返し

多角的なアプローチをする

 

フレージング効果

提示の仕方

基準値の無視

処置のためのチェックリスト=基準

評価と判断と実践

少数の例で法則をつくらない

物事はランダムに起きている

長く多くの人をみて、考える

暗示的なレッスン「今、よい声が出たと感じませんか」

専門家は、スキルの錯覚を助長してしまいがち

誤りを認めず言い訳を用意しない

明確な意見断定は、メディアや大衆が歓迎する

偶然や予想不能を認めない

残念ながら私の扱う世界は予測不可能

レクチャー&レッスンメモ No.305

思考やメンタルと行動実践の両立

自己実現は、他力実現、世界実現へ

いま、ここで、いつかどこかで

いま、ここで実現しつつ、開かれて生き生きしていること

考えるより感じること

 

動的、系的、重層的、鎖状

しゃべり方の調子と気持ちの持ち方

接し方対応、録画でチェックする

 

メリット=デメリット

労力、目的意識

ぬくもり、温かさ、居場所

安心安全、内在、土着

闘争と笑顔

勝つと笑顔

ネットは点と点

Commune、共感、親しく語る(地域)

キーワード、パスワード、イメージ回帰、ジングス 儀式

声は無意識―意識のブリッジ

 

相手を選ばない

問わないで働きかける

突き刺さるインパクト

すぐにわかる、通じなくとも伝わる

飽きのこないもの、接するたびによくなるもの

継承されてきたもの

個性が強いからといって、本物でない、くせがある

円熟、バランス、名人の綱渡りはとれない

サムシング・グレートをもつ

人前にさらして問う

 

「内臓波動」(三木成夫)

ことば>声>息(ため息)

能のコミ、深い息、ライブ、太い息

「真人はかかとで呼吸をし、素人は喉でする」(荘子)

ひしぐ能管の喉のヒシギの囃子(はやし)

レクチャー・レッスンメモ No.302

身体と性格が出てくる

意識のもち方

集中度のチェック、自己分析で評価してみる

みえる、気づく、つかめる、力をつけていく

勘、感覚を磨き続ける

さらけ出す勇気

あり続けること

エネルギーの使い方

上達

生きる力

学ぶ力をつける

スポーツを基に考える

 

同じタイプの客がつく

お世辞を言われ、感心されて、自慢できると満足する

お客タイプと従僕タイプ

「物知りですね」と言われたら終わり

「へえ、そうなんですか」と相槌を打って続ける方がよい

おもしろがられても、そのうち飽きられて鬱陶しがられる

心理的間合い

 

素人支配で困るのは、素人

ジャーナリズムの伝え方

個人に合わせた現実社会

社会へ出ていくこと

思考能力を与える

学ぼうとする人

感動する人、感動を伝えようとする人

人気と人望

ひとつまみの塩

スポーツは、徹底して生身にこだわる

技術を目的、特化すると、次の時代に代わられる

レクチャー・レッスンメモ No.299 

方法が目的になる。

習得することはエゴの強化になる。

内を見つめる、自分でなく神を。

平和な世界へ移るのでなく、今、ここを変えていく。

悟りに囚われない。

わけのわからないことを説く。

囚われていることと、その心に気づくこと。

他の力で解決しようとしたら力は削がれる。

自分で克服する力をつけること。

 

自分を騙すな。

愛を悪口で表現する人たちもいる。

求めるのでなく、求めようとする自分を突き放す。

聖者は親切でもやさしくもない。

欲を通して欲を飛び越える

方法を通して得るのでない、そういう考えをなくすこと

 

頭は使いだすと止められない、捨てるだけ。

勉強は、人との接点を詰めるためにする。

他の人の知識欲や興味を満たすために勉強しない。

他人の考えを取り込んでも自分のものは出ない。

盲目的で、自分の信じる世界に忠実な人もいる。

信じている自分も世界、主張する世界から抜けた人、固執しない人、部分に囚われない人、トータルとして生きている人こそ悟った人。

信じている世界を忠実に守る努力をしているのは、埋没しているともいえる。

よい信者は、よい兵隊になれる人たち

正しいか間違いでみると身につかない、役にも立たない。

躓いたときにそこばかりを取り上げる人もいる。

ここの考え方は違う、そう言うなら、わかるなら、そこ以外を使えばよい。

相手を否定したら何も残らない、何も得られない。

子供は誰のために産むわけでない。

利口な人は使えない。利口は、ぼんくらへの道。

~のふりをしない。

核心なく後ろめたいのは、そこに一貫したつながりがないからです。

レクチャー・レッスンメモ No.296

プロセスで学ぶこと
年齢と共に学ぶこと
若いときの時間と無理、無駄、失敗
判断、見切る、選択する
横社会と縦社会
響き、響道、共鳴道、波道
瞬時の切り替え
深、大、太
息の混じらない声、混じる声
gm gam ga
焦点の決め方
比較と絶対
つかむ、うかす
KEY、テンポ、変えて歌う
共鳴を変えて歌う

守ること 豊さかに気づく
日本と欧米人と中国人、韓国人
国民=仲間 人質救出
東北と沖縄
セグメントせず視野広くもつ
抗菌、消臭ブームの弊害
心身の強化
世界観、ストーリー、要素
ステージ、歌、声
濃淡
個性の強化 しぜんと日常
大きく まえに 派手に
整理とオーバーフロー
調子の悪いときの対応
メンタルタフネス フィジカルタフネス
つまる われる ひびかない
明 浅 前―暗 深 後

レクチャー&レッスンメモ No.293

課題を膨らます
柔らかくしなやか
全体から1フレーズ
ベストの組み合わせ
4フレーズで
本質をつかんで
基準をおく
スキャット
声から歌
器の内外
可能性の限界
限界からの応用
応用のための基礎
ガゴガ
ガゲガ
喉をあける
無理に入れない
下げる
こもらない
掘らない
回さない
含まない
あてない
押し付けない
ん ma ん
gagegi
小<大
高<低
浅<深
細<太
シンプルに
目標とのずれ
邦楽 声楽の一致
体から声を取り出す
真っ直ぐに伸ばす
かすれるリスク
力の入るリスク
方向ベクトル
息→声(×嗄声)
発声→共鳴
深い芯
スピードと解放
浮くと離す
フレーズの呼吸
フレーズの共鳴
体力 気力
ステージパフォーマンス
耐久性
気分 体調
コミュニケーション
謡の声
オーアウエオ
口を動かさない
☆固定でのチェック
器用をとる
力みとる
デッサン
勢いと定着

レクチャー・レッスンメモ No.290

○個縁と表現
好きと秀でている
個性と器用
演技と表情
グローバル化
可能性と限界
ものまねとオールデイズ
なごむ
元気出る
唱える
気品とパフォーマンス
大長汚く

1、 くり返す
2、 大きくする(できる) 
高くも大きくも長くも太くもできる

1、 効果 バランス 浅  共鳴 響き 頭声 胸声
2、 鍛錬 (芯) 深

1、 高さ
2、 大きさ
3、 長さ
4、 音色 共鳴 母音(太さ)
5、 発音 子音

頭-胸-胴体-全身

声域より声量より音色(音質)
声は音色、声量と共鳴
高低、大小、母音
力が働くように
重太深大 効果と量
抵抗 拮抗 負荷

○息の流れまわす
支えと呼吸 空気を送る
床と天井への共鳴
長い曲より1フレーズ
赤ん坊 大きく
瞬時の切り替え
七つの声
ハイ ライ アオイ
日常と逆転
深い息と深い声
ホイットニーの技術
ga-o-e-ハミング
濁音での子音

○そろえるかかえるか
母音 高さ 大きさ 長さ
統一か応用か
共鳴の具点化
ノーマルと爆発
勢いと強さ
力まないに抜けると抜く
顎が固い 引く
舌をかむ 平にする
弱いところの支え
引いていく
制限してコントロール
豊かな音色
前に響かせない
喉鳴らさない
なつかしみ しみじみ
音色の多様性とシンプル

○一つのメニュの多くの目的
一つの目的に多くのメニュ
音楽的かせりふか
のって伝える 伝わる
知識と原理
積み重ねられるものを選ぶ
声とセンス 相性
練習量と喉のキープ
細くて通る声
力み 音色の扱い方
とばさない
ん-ma-ん

レクチャー・レッスンメモ No.289

○「声帯だけ使った声」は、イメージ例であり、体や息で押さない
押さないが息は使う、共鳴の効率と声の芯の問題
ロングトーンでの確認
声の生理を踏まえる
デッサンのための基礎の発声
ピッチ、響き、ビブラート、あくび-単発でやっても先はない
音声の扱いを身につける。
楽器としての可能性と限界から、日常レベルへの落とし込み方に

○5時間やるのでなく、長さ、量でなく、質へ
くせと個性の重なり
分離とオリジナリティ発掘

○構成のルール、具体的にかえてみる
伝わっているところを活かす
音楽的か感情的か
切り替え、力づくを防ぐ
息の間、息で変えること
切るのでなく切れた
お客の耳、眼
何もないところから武器を、そして増やす
批評と各論
音色の多様性
なつかしさ、しみじみ
中心と周辺
表現と演技
鼻とハスキー
息<声 息=声 息>声

○続けてやる 長くやる 荒くならない
1、メロディ 伸び 流れ
2、リズム キレ インパクト
詞 せりふ 情感 音色 ニュアンス アーティキュレーション
感情<理論<技術とその逆
結果オーライ 場数 心身
カバーフォローとごまかしとテクニック
1、 プロ 応用 多彩
2、 基礎 ベース 深さ シンプル
方向性と基準、何をよしとするのか

○んーまーめ(にぎる)
ねばりと解放 コントラストの強化を

○知識、原理、正解を捨ててみる
メカニズムを忘れる
シンプルにしないとわからない

レクチャー・レッスンメモ No.288

○本日のレッスン
1、共鳴の処理 語尾の処理
2、ことばとメロディの一体化
うたい、ノンビブラートの伸びを避ける
甘さ 音色 色付け 艶について、柔らかく

○頭蓋骨がみえるように
共鳴-発声-ことば-息-体
響く-汚れる 響かすシンプルに
pp<ff ppでの声の芯

○強化練習のストップ 痛みは警告
くせでのハイリスク回避
シャウトよりアコースティック
出やすい、楽なのは、ステップの1、それですべてよいのでない

○メンタル 声のベースをつかむ 
無理しない 息漏れ使わない
すぐできる器用がよいのではない
実感すべてが正しいのではない
偽りをどうみるのか

○共鳴の絞り込み
息のゴール、トレーニングとバランス

○やりたいこと、好きなことと向き合うこと
力みを抜く
やれていない←やっていないことを入れること